学校法人身延山学園 身延山大学 読み込み中...

学校法人身延山学園 身延山大学

学校法人身延山学園 身延山大学

個人文庫

個人文庫

身延山大学図書館では、身延山に縁の有る個人からの蔵書の寄贈・購入により、現在11件の個人文庫を所蔵しています。
これらの個人文庫の資料には、和漢古典籍など貸出等利用に制限のあるものが御座いますが、原則として閲覧は可能ですので、利用の際は館員にお問合せ下さい。
(代表的な個人文庫を4件紹介します。残りは順次公開していきます)

坂本日深文庫(坂本文庫)

立正大学学長をされた坂本幸男氏(日深とも 1899-1973)が所蔵した和漢古典籍(863部4049冊)・洋装本(和書約3514冊 洋書約301冊)・講義録・原稿など。坂本氏は岩波文庫「法華経」(全3巻)の監修をされるなど法華経研究・華厳教学を中心に各宗派に及んでいる。坂本文庫所蔵和漢古典籍の書誌データ・所属データは独立行政法人国立情報学研究所(NII)で運用しているNACSIS-CATに登録済み。

中尾文庫

立正大学名誉教授中尾堯氏(1931-)の所蔵の内、現在和書1420冊 洋書10冊を寄贈。中尾氏は現在日本古文書学会顧問であり、文庫の内容も史学(特に日本史)に関する資料が中心である。

松山文庫

インド思想研究家・幻想文学研究家の松山俊太郎氏(1930-)の蔵書の内、和書296冊 洋書4826冊を購入。本学図書館には「續修四庫全書」「筆記小説大観」等の中国語資料(内容は中国思想・中国文学)を中心に所蔵している。

池原日祈文庫(池原文庫)

本学同窓生で日蓮宗本山小室山妙法寺82世池原日祈師(-2010)の蔵書中、現在和書約1359冊古文書105点を登録。池原師は山梨県内の俳諧史の研究をしていたことから、蔵書の大半が国文学(特に俳諧に関する資料)が中心である。また古文書は現在整理作業中であるが、江戸後期から明治中期にかけて現山梨県南アルプス市古市場で蘭方医を開業していた大久保家資料が中心であり、現在大学図書館では大久保家の家計簿安政4年~明治28年まで計21冊現存)を含む帳面類の登録を完了し、現在書簡類を整理中である。