学校法人身延山学園 身延山大学 読み込み中...

学校法人身延山学園 身延山大学

学校法人身延山学園 身延山大学

東アジア仏教研究室

研究室紹介

身延山大学東アジア仏教研究室(Department of East Asian Buddhist Studies, Minobusan University)は、1995(平成7)年3月より2002(平成14)年2月までの7年間、大韓民国の培材大学校にてお勤めになり(助教授)、2001(平成13)年8月に、大韓民国円光大学校に提出した博士論文『元暁の著述が韓・中・日の三国仏教に及ぼした影響』にて哲学博士号を授与された、本学の元教授である福士慈稔博士によって、日本における海東仏教(Korean Buddhism)研究の促進と、その発信の拠点を構えるべく、1985(昭和60)年4月1日に発足した「新羅仏教研究会」及び1995(平成7)年1月5日に「韓国留学生印度学仏教学研究会」に改称した同研究会〈平成17(2005)年度を以て実質上解散〉を継承して、2006(平成18)年に、身延山大学仏教学部内に設置されました。

本研究室では、これまでに科学研究費補助金研究として、平成18(2006)年度より平成21(2009)年度までの4年間は「十二世紀末までの日本仏教各宗にみられる新羅・高麗仏教に対する認識に関する研究」を、次いで、平成22(2010)年度より平成25(2013)年度までの4年間は「日本仏教各宗の新羅・高麗・李朝仏教認識に関する研究」を行い、着実に研究成果を挙げてきました。※下記の刊行物一覧を参照。

現在は、2013(平成25)年3月に、博士論文『法華章疏の研究―海東撰述・西域出土本を中心として―』で、立正大学から博士(文学)号を取得した、本学の金炳坤准教授が、福士慈稔博士〈現在は本研究室の顧問〉の後任として、同年の4月より担当教員を務めており、海東仏教を軸とした東アジア仏教研究を遂行する一方で、後学育成のための一助として、日本で関連研究に従事している韓国からの留学生へのサポートにも力を入れています。

刊行物一覧

『日本仏教各宗の新羅・高麗・李朝仏教認識に関する研究』

第3巻(2013年3月30日)
・日本華厳宗にみられる海東仏教認識 ・研究代表者:福士慈稔
・研究協力者:金 天鶴、金 炳坤、桑名法晃
PDF
第2巻・下(2012年3月30日)
・日本三論宗・法相宗にみられる海東仏教認識
 ―法相宗の部―
・研究代表者:福士慈稔
・研究協力者:寺尾英智、橘川智昭、金 炳坤、藤野泰二、吉村彰史、桑名法晃
PDF
第2巻・上(2012年3月30日)
・日本三論宗・法相宗にみられる海東仏教認識
 ―三論宗の部―
・研究代表者:福士慈稔
・研究協力者:寺尾英智、橘川智昭、金 炳坤、藤野泰二、吉村彰史、桑名法晃
PDF
第1巻(2011年3月30日)
・日本天台宗にみられる海東仏教認識 ・研究代表者:福士慈稔
・研究協力者:金 炳坤
PDF

東アジア仏教文献学研究リンク集

韓国

仏教系大学院/大学校
学会
学術情報関係
研究機関等

日本

学会
学術情報関係
研究機関等

海外

学術情報関係

その他

大蔵経/各種データベース
目録/辞典類
図書
マスコミュニケーション
ブックマーク

Last Updated on January 12th, 2017 by Byungkon Kim

研究会誌一覧

『韓国仏教学seminar』

第10号(2005年12月25日) 韓国留学生印度学仏教学研究会 [編]
・巻頭言 三友健容 1-2 PDF
・企画の辞 朴 埈奭 3 PDF
・『アビダルマのともしび』第四章業品翻訳研究(2) 三友健容 4-16 PDF
・日本仏教との関係の中でながめた韓国仏教 張 愛順(戒環) 17-35 PDF
・仏教におけるターミナルケアー―日本仏教を中心として― 尹 賢淑(禪(u2571a)) 36-51 PDF
・金襴袈裟に対する文化史的心理考察 李 勝鉉(元鏡) 52-72 PDF
・「煖」法説成立に関する「信愛」の一考察 周 柔含 73-92 PDF
・朝鮮初期『儒釈質疑論』に現れた宇宙観 鄭 榮植 93-106 PDF
・初期大乗仏教の三昧思想 朴 点淑(一默) 107-133 PDF
・仏頂尊勝陀羅尼の研究―漢訳諸本の成立をめぐって― 佐々木 大樹 134-152 PDF
・恵果和尚の研究 朴 埈奭 153-191 PDF
・柳宗悦の平和観―『無対辞文化』を中心に― 李 空玄 192-206 PDF
・湛然の事跡を伝える唐代資料 池 麗梅 207-235 PDF
・中国華厳における「入法界品」の声聞衆理解 金 京南 236-247 PDF
・会誌出版費及び研究調査支援金 248 PDF
・筆者紹介 249 PDF
・編集後記 金 希泰(空海) 250-251 PDF
・本研究会の現在までの研究成果(既刊号総目次) 252-256 PDF
第9号 故金知見博士追悼論集(2003年8月25日) 韓国留学生印度学仏教学研究会 [編]
・企画の辞 鄭 榮植 1-2 PDF
・金知見博士 略譜 5-14 PDF
・常円寺での講演 金 知見 15-18 PDF
・弔辞 木村清孝 19-20 PDF
・Kim Chi-kyŏn (追悼の辞) Charles Muller 21 PDF
・The Centerpiece of the Goryeo-Joseon Buddhist-Confucian Confrontation: A Comparison of the Positions of the “Bulssi japbyeon” and the “Hyeonjeong non” Charles Muller 23-45 PDF
・珍嵩の『孔目章記』逸文に対する研究 崔 鈆植 47-75 PDF
・中国僧伝類に於ける若干の問題点について―特に朝鮮僧記載史料を中心として― 福士慈稔 77-92 PDF
・対峙する王者―敦煌莫高窟『維摩詰所説経変相』の図像解釈のために― 深津行徳 93-121 PDF
・禅宗に対する華厳宗の対応―智儼・義相の場合― 石井公成 123-147 PDF
・『バガヴァッド・ギーター』と『大乗涅槃経』における暴力/戦争の正当化問題 金 浩星 149-166 PDF
・笑菴観復の華厳思想研究―『華厳経大疏玄文随疏演義鈔会解記』を中心として― 金 龍泰 167-185 PDF
・均如の華厳学における三つの法華経観 金 天鶴 187-199 PDF
・鎌田茂雄博士の学的業績の総括 小島岱山 201-213 PDF
・New Angles of Critical Vision on the Study of Prince Shōtoku Mark Dennis 215-237 PDF
・A Historical Introduction to Minjung Buddhism: A Liberation Buddhism of South Korea in 1980’s Mun, Chan Ju 239-270 PDF
・Buddhism in Sri Lanka and Korea Park, Ho Nam 271-283 PDF
・澄観の海印三昧観について 徐 海基(淨嚴) 285-301 PDF
・Concerning the Korean Sǒn Master Hyǒngak and Yǒngok Temple in Mt. Chiri Henrik H. Sørensen 303-333 PDF
・元暁の起信論疏と別記との関係について 吉津宜英 335-351 PDF
・『宮内庁書陵部所蔵韓国本目録』の発刊報告 朴 相國 353-358 PDF
・会誌出版費及び研究調査支援金 359 PDF
・編集後記 李 妍淑 360 PDF
・既刊号総目次 361-365 PDF
第8号 特集・日本における韓国仏教思想の研究の成果と展望(2000年8月30日) 韓国留学生印度学仏教学研究会 [編]
・巻頭言 韓国仏教研究の現状と新しい未来 柳田聖山 i-ii PDF
・企画の辞 金 天鶴 iii-iv PDF
・韓国仏教通史の主な研究 石井修道 1-11 PDF
・韓国華厳学の研究 曺 潤鎬・佐藤 厚 12-65 PDF
・新羅唯識の研究状況について 橘川智昭 66-126 PDF
・朝鮮禅思想に対する研究 石井修道 127-161 PDF
・三国時代・統一新羅時代の仏教に対する研究 福士慈稔 162-241 PDF
・高麗時代の仏教に対する研究 佐藤 厚・金 天鶴 242-268 PDF
・朝鮮時代の仏教に対する研究 金 天鶴 269-282 PDF
・大乗仏教起源に関する一考察 朴 点淑(一默) 283-299 PDF
・コーサンビー犍度における二種の不同住地 李 慈郎 300-321 PDF
・On Wŏnhyo’s “Ijangŭi” (二障義) Charles Muller 322-336 PDF
・新羅義湘の唯識説 大竹 晋 337-359 PDF
・新羅唯識派の芬皇寺玄隆『玄隆師章』の逸文研究 岡本一平 360-401 PDF
・韓国のターミナルケアにおける寺院の福祉活動の現状と課題 尹 賢淑(禪(u2571a)) 402-424 PDF
・筆者紹介 425 PDF
・会報 426-429 PDF
・編集後記 朴 点淑(一默) 430-431 PDF
・既刊号総目次 1-4(L) PDF
第7号(1998年11月20日) 韓国留学生印度学仏教学研究会 [編]
・生解脱の定義 沈 奉燮 1-15 PDF
・Buddhaghosa’s interpretation of ‘Dhamma’ and ‘Vinaya’ in the “Mahāparinibbāna-Suttanta” An, Yang Gyu(安 良圭) 16-35 PDF
・界差別について―南北両阿毘達磨の修行道における位置づけ― 金 宰晟(正圓) 36-50 PDF
・『法華経』第三類六品の意義について 金 榮生(慧學) 51-80 PDF
・清凉国師澄観の伝記と学系 徐 海基(淨嚴) 81-107 PDF
・宗密における真理の把捉―「円覚」の理解と関連して― 曺 潤鎬 108-135 PDF
・義湘系華厳文献に見える論理―重層的教理解釈― 佐藤 厚 136-157 PDF
・均如の華厳学における二乗廻心 金 天鶴 158-181 PDF
・鎌倉時代における戒律復興運動の二形態―授戒制度を中心として― 沈 仁慈 182-197 PDF
・筆者紹介 198 PDF
・会報 199-201 PDF
・編集後記 金 榮生(慧學) 202 PDF
・既刊号総目次 203-205 PDF
第6号 韓国語版特輯号・日本の印度哲学・仏教学研究―その歴史と現況―(1995年11月20日) 韓国留学生印度学仏教学研究会 [編]
・発刊に寄せて 前田專學 iii-vi PDF
・『日本の印度哲学・仏教学研究―その歴史と現況―』の出版を祝う 奈良康明 v-vi PDF
・本書の発刊に寄せて 江島惠教 vii-viii PDF
・激励のことば 木村清孝 ix-x PDF
・目次 xi-xii PDF
・日本の印度哲学研究現況 (kr) 沈 奉燮 1-104 PDF
・日本のシャンカラ哲学研究 (kr) 李 榮洙(秀雄) 105-189 PDF
・日本の初期仏教及び南方上座部仏教研究の歴史と現況 (kr) 金 宰晟(正圓) 191-340 PDF
・日本の倶舎学・唯識学研究現況概観 (kr) 李 鍾徹 341-366 PDF
・日本の初・中期中観派研究史―ナガーアールジュナの著書、理解方式そして解釈― (kr) 李 惠卿 367-427 PDF
・日本の後期中観派研究 (kr) 李 泰昇 429-473 PDF
・日本の中国天台教学研究史 (kr) 曺 良淑(日藏) 475-589 PDF
・華厳学研究資料集 (kr) 徐 海基(淨嚴) 591-658 PDF
・日本の中国華厳思想研究の歴史と現況―澄観・宗密・李通玄を中心として― (kr) 曺 潤鎬 659-703 PDF
・執筆者紹介 705 PDF
・会報 706-709 PDF
・編輯後記 711-712 PDF
・既刊号総目次 713-714 PDF
・日本学者人名索引 715-719 PDF
第5号(1993年8月25日) 新羅仏教研究会 [編]
・八世紀東アジア仏教研究への展望 吉津宜英 1-22 PDF
・韓国仏教・禅の自然観と現代の諸問題 蔡 澤洙(印幻) 23-42 PDF
・韓国における葬墓制について 金 永晃(禪晃) 43-59 PDF
・天台教学における円教 曺 良淑(日藏) 61-76 PDF
・華厳観法の研究 (博士学位論文要旨) 陳 永裕(本覺) 77-81 PDF
・執筆者紹介 82 PDF
・会報 金 永晃(禪晃) 83-86 PDF
・華厳経の経題について(2) 眞野龍海 1-19(L) PDF
・Dar ma rin chenの『中観荘厳論備忘録』について 李 泰昇 21-36(L) PDF
第4号(1990年8月25日) 新羅仏教研究会 [編]
・諸思想の対立と宥和 中村 元 1-5 PDF
・仏像にみる二つの姿 西村公朝 7-13 PDF
・円測と法蔵―教体論の関わりについて― 木村清孝 15-29 PDF
・義相の法諱考―海東華厳の歴運をめぐって― 金 知見 31-85 PDF
・韓国における葬送習俗の一考察 金 永晃(禪晃) 87-101 PDF
・永明延寿の浄土思想 韓 京洙(宗澤) 103-118 PDF
・執筆者紹介 118 PDF
・会報 119-122 PDF
・編集後記 金 漢益(悟震) 123 PDF
第3号(1987年12月25日) 新羅仏教研究会 [編]
・文武王と仏教 田村圓澄 1-17 PDF
・高麗清規としての誡初心学入門 佐藤達玄 19-34 PDF
・華厳教判論 張 愛順(戒環) 35-51 PDF
・現代巫俗の比較研究 柳 春姫 53-64 PDF
・会員名簿および研究会報 PDF
・Karma and Economic progress Alubomulle Sumanasara 1-26(R) PDF
・侍者ĀNANADA 崔 庚満(淨印) 27-39(R) PDF
第2号(1986年12月25日) 新羅仏教研究会 [編]
・『宣和奉使高麗図経』の『図解』の再現について 中吉 功 1-5 PDF
・韓国仏教伝統講院の履歴制度研究 蔡 澤洙(印幻) 6-36 PDF
・新羅の華厳教学への一視占―元暁・法蔵融合形態をめぐって― 吉津宜英 37-49 PDF
・『華厳経』十回向品の考察 陳 永裕(本覺) 50-68 PDF
・初期仏教Gahapatiの宗教観念―Suttanipātaを中心とした文化試論― 金 漢益(悟震) 1-11(L) PDF
第1号(1985年12月25日) 新羅仏教研究会 [編]
・序 野村耀昌 i-ii PDF
・新羅華厳の思想史的意義 鎌田茂雄 1-24 PDF
・『大乗六淸懺悔』の基礎的研究 木村清孝 25-42 PDF
・韓国僧伽の鉢盂供養作法について 梁 銀容 43-66 PDF
・煩悩所知二障と人法二無我の研究序説 李 平來 67-80 PDF
・光宗の仏教政策と均如の華厳思想 李 杏九(道業) 81-93 PDF
・仏身論思想の展開―大乗荘厳経論を中心に― 全 東赫(宗釋) 94-108 PDF
・新羅仏教研究会 会則 (kr) i-iii PDF
・報告 (kr) iv-v PDF
・〈新羅仏教研究会〉の足跡を振り返って (kr) 全 東赫(宗釋) vi-vii PDF

※第6~9号のPDFは旧サイトからのリンクである。