学校法人身延山学園 身延山大学 読み込み中...

学校法人身延山学園 身延山大学

身延山大学を選んだ理由

ここで体験したこと、学んだことを韓国で伝えていきたいです

写真 仏教学科 日蓮学専攻 : 2年 鄭 龍顯

半導体の会社に数年勤めていたのですが、お師匠さんの推薦もあり、日蓮宗のお坊さんになりたいという夢をかなえるために身延山大学へ入学しました。経験もなく、本院寮で生活しながら学ぶ日々は、厳しかったですが、アドバイザーの金先生に相談し、乗り越えてきました。学んだこと、体験したことを通じて、韓国で布教していきたいと思っています。

学芸員の資格を取得して、山梨県の歴史や魅力を伝えていきたい。

写真 仏教学科 仏教芸術専攻 : 1年 小嶋 健介

小学校の時に図書館で歴史漫画を読んで、歴史に興味を持ちました。博物館学芸員資格が取得でき、また、市川大門からのスクールバスがあって通学が便利なので身延山大学へ。古代の文学なども勉強して、古文書を読み解けるようになりたいと思っています。将来は県内の博物館で学芸員として勤め、山梨の歴史や魅力を伝えていきたいです

長期履修生制度を利用して学んでいます。

写真 仏教学科 日蓮学専攻 : 3年 松野 華子

神奈川県に自坊があり、いずれは継ぐことが決まっていました。その前に、自分が好きなことをしてみたいと、短大の英文科に進学し、就職をしました。日蓮宗の僧階資格は、自宅から近い東京の大学でも取れるのですが、身延山大学を選んだのは、日蓮聖人が文学を教えていたこの場所で学びたかったからです。ここで学んだことは、将来の自分の柱、強みになると思っています。自坊での住職のお手伝いとも両立させたいと、3〜5年間をかけて学べる長期履修生の制度を利用しています。社会人として過ごした後に学ぶには、この制度はフレキシブルでとても便利です!大学に入って思うのは、先生方が常に勉強されていることです。先生方のその姿をお手本に、私も一生、勉強を続けていきたいと思っています。

修行や自分の勉学に打ち込めるのが寮生活のいいところです。

写真 仏教学科 日蓮学専攻 : 3年 澤田 康良

元々、退職したら信仰の道に進みたいと思っており、自分の将来や家族のことを考え、20数年間勤めた会社を辞めて、入学を決意。久遠寺のお勤めに参加したり、一つひとつ教わっていくことは、毎日が新しいことばかりでした。2年の9月からは副寮長を務め、寮全体の運営に関わることが円滑に進むようにお手伝いをしています。寮生活のいちばんの良さは、修行や勉学に打ち込めることです。

人の痛みを受けとめ、思いやりのある保育士をめざしています!

写真 仏教学科 福祉学専攻 : 3年 古谷 早樹子

出身は姫路。身延山高校では雅楽部で篳篥を吹いたり、ここならではの体験をしました。関西に帰り、観光を学んでいたのですが、やはり保育士の資格を取りたいと戻ってきました。人の痛みがわかるような、思いやりのある保育士になりたいですね。今は、児童館の活動のほか、高校生と一緒に大学のPRをしたり、様々な活動にチャレンジしています。

本山での行事やお勤めに毎日、参加しながら学んでいます。

写真 仏教学科 日蓮学専攻 : 2年 野々山 泰

工業系の大学を卒業後、自動車関連のエンジニアから転身したのは、自分の病気がきっかけです。3年次編入もできたのですが、学ぶなら最初からしっかりと学びたいと思い、1年生として入学。年代的にも離れた学生たちと共に本院寮で暮らし、久遠寺の行事やお勤めに参加しています。一生懸命、自分のやれることをやったのを認めて頂き、今は寮の事務局長として、学生一人ひとりのお勤めでの役割分担を任せてもらっています。